福島県内、郡山でサプリ摂取者から相談2件 小林製薬・紅麹問題

 

 小林製薬の紅麹(べにこうじ)を使ったサプリメントを巡る健康被害問題で、郡山市保健所に商品に関連した相談が2件(2日夕方現在)あったことが2日、市保健所への取材で分かった。

 市保健所によると、1~2日にかけ、いずれも過去にサプリメントを摂取したことがある人から相談が寄せられたという。2人とも症状などは訴えていないが、市保健所は不安を感じた場合は医療機関を受診するように促したという。