請戸川の夜桜楽しんで ご当地ヒーロー集団、有志から浄財集め点灯

 
請戸川沿いの桜並木をライトアップした「なみえアベンジャーズ」

 桜の名所として知られる福島県浪江町の請戸川リバーラインで3日夜、ライトアップの点灯式が行われた。主催は、まちの魅力をPRするご当地ヒーロー集団「なみえアベンジャーズ」。昨年までの実施主体が都合によりライトアップすることができなくなったことから、「こんなときこそヒーローの出番だ」と名乗り出た。マスクの下からも感じられる古里への思いを胸に、花が散るまで照らし続ける。

 請戸川リバーラインは川沿いの桜並木が人気で、桜の時期にはそぞろ歩きをする人でにぎわう。なみえアベンジャーズは「復興を進めて人を呼び込んでいる段階だからライトアップは必要だ」と実施を決めた。ただ事業費がないため、ライトアップは有志からのカンパで賄うことにした。

 浄財は5日午後6時から現地で開く「夜桜を見る会」で受け付ける予定。メンバーが能登半島地震の復興支援を通じて得た石川県の日本酒1本を返礼品とする。メンバーの一人の移住マンは「移住してきた自分に友達ができたのは桜の整備のボランティアを通じてだった」と、リバーラインへの思いを語った。

 最近メンバー入りしたオニオンウーマンは「とても華やかな雰囲気の桜並木なので、ぜひ浪江に来てください」と呼びかけている。

 支援の申し込みや問い合わせはなみえアベンジャーズのメール(namieavengers.hero@gmail.com)へ。

 ■請戸川リバーライン
 ソメイヨシノ約130本が浪江町中心部を流れる請戸川沿いに並ぶ。春は絶好の散歩コースとして多くの人に親しまれており、夜にはライトアップされた桜の幻想的な景色を楽しむことができる。常磐道浪江インターチェンジから富岡街道を国道6号方面に東進して車で約10分、JR浪江駅からは徒歩約10分の場所にある。