ゼビオ売上高、過去最高 売れ筋注力やインバウンド需要を獲得

 

 ゼビオホールディングス(HD、郡山市)が10日発表した2024年3月期連結決算は、売上高が2424億3300万円(前期比1・3%増)で過去最高を更新した。

 経常利益は54億500万円(同41・5%減)、純利益は25億9200万円(同52・0%減)で増収減益となった。売れ筋商品への注力やインバウンド需要の獲得などが増収につながった一方、人件費や店舗関連費用などの増加が利益を圧迫した。

 新型コロナウイルス禍で売り上げを伸ばしていたゴルフ部門は市場拡大が一服し、売上高は前期比2・1%減となった。一方、行楽需要の拡大を背景に一般競技スポーツ・シューズ部門が好調で、売上高は同10・1%増となった。

 期末配当は1株当たり15円で通期は30円。47店舗を出店、35店舗を閉店し、3月末時点のグループ総店舗は895店となった。

 25年3月期の連結業績は、売上高2509億5800万円、経常利益62億8400万円、純利益30億200万円を見込んでいる。