鏡石死傷、72歳に有罪判決 地裁郡山、踏み間違い「過失大きい」

 
駅の建物に突っ込んだ乗用車の周辺を捜査する警察官ら=2月15日午後5時40分ごろ、鏡石町・JR鏡石駅

 鏡石町のJR鏡石駅前で2月、10代の男女2人を軽乗用車ではねて死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた同町本町、無職の女(72)の判決公判は13日、地裁郡山支部で開かれ、下山洋司裁判官は禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮3年6月)を言い渡した。

 下山裁判官は判決理由で「(被害者2人に)何ら落ち度はない」とした上で、女がブレーキとアクセルを踏み間違えてアクセルを踏み続け、被害者らをはねたことについて「運転者として極めて基本的な注意義務に違反し、過失の程度は相当に大きい」と指摘した。一方で、女が被害者らに謝罪の言葉を述べ、今後は車を運転しないと誓い、所有する全ての車を手放したことに加え、交通違反歴がないことなどから執行猶予とした。

 判決などによると、女は2月15日午後3時50分ごろ、鏡石駅前の交差点で、ブレーキとアクセルを踏み間違えて軽乗用車を暴走させ、埼玉県の大学1年の男性=当時(19)=をはねて死亡させたり、神奈川県の大学1年の女性をはねて頭などに重傷を負わせたりした。