【速報】塩田石川町長辞職へ 4月に官製談合防止法違反疑いで逮捕

 

 石川町の公共工事入札を巡る官製談合事件で、官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された石川町長の塩田金次郎容疑者(76)が辞職する意向を固めたことが15日、代理人弁護士への取材で分かった。

 塩田容疑者は4月30日、2022年度に町が発注した道路工事の入札で、業者の2人に秘密事項の予定価格を漏らして同社に工事を落札させた疑いで逮捕されていた。県警捜査2課は捜査に支障があるとして塩田容疑者の認否を明らかにしていない。

 町によると、塩田容疑者が予定価格を漏らしたとされるのは、22年9月に入札が行われた町道の道路改良工事。予定価格は1262万4千円で、志賀建設が1245万円で入札し、落札した。入札には3社が参加、塩田容疑者は価格を知り得る立場だった。