横断歩道で10歳女児はねられ重傷 白河の市道、運転の容疑者逮捕

 

 17日午後2時45分ごろ、白河市結城の市道交差点で、横断歩道を渡っていた同市の女子児童(10)が軽乗用車にはねられた。児童は頭などに重傷を負った。

 白河署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、軽乗用車を運転していた西郷村小田倉、無職の女(66)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、横断歩道を渡っていた女子児童を軽乗用車ではね、けがをさせたた疑い。同署によると、現場は信号機のない十字路交差点。女は買い物途中で直進していたという。