南会津の現場近くにも車 連続強盗、4県で似た足跡残る

 

 関東近隣で強盗が相次ぎ、窃盗未遂容疑などで男2人が逮捕された事件で、押収した車と似た車が福島県南会津町で発生した強盗致傷事件の前後で現場近くの防犯カメラに写っていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。福島、栃木、群馬、長野の4県警の合同捜査班は、男らが同町の事件に関わった可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者によると、窃盗未遂容疑で逮捕されたベトナム国籍の自称内装工の男(25)が使っていた車はシルバーの乗用車。栃木、群馬、長野の3県の現場周辺でも男から押収した車や似た車が写っていた。捜査班は同一人物が車で移動しながら強盗を繰り返していたとみて調べる。

 また4県それぞれの現場に似た足跡が残されていたことも捜査関係者への取材で判明。同町の事件では押し入った男らが手袋をしていたとみられる。栃木県日光市で4月30日未明に起きた強盗事件では、強盗発生から5時間以内に奪われたキャッシュカードを使って複数回にわたり現金計数十万円が引き出されていた。

 捜査班はこのカードで現金を引き出そうとしたとして、男を窃盗未遂容疑で逮捕。入管難民法違反(不法残留)容疑で同国籍の男(23)も逮捕されている。