手越祐也さんが田植え作業 収穫後は「手越村のお米」として販売

 
泥だらけになりながら作業を楽しんだ手越さんと県内の小中学生ら

 アーティストの手越祐也さんは19日、郡山市西田町の水田で田植えを行い、手越さんと県内の小中学生ら約130人が泥だらけになりながら作業を楽しんだ。

 手越さんが地域住民らと協力して県産農産物の魅力を発信する「手越村プロジェクト」の一環。手越さんとプラットふくしま、西田町アグリプロジェクトの共同企画で、今年で4年目を迎えた。手越さんは手植えや田植え機で作業を行い「お米が食卓に届き、みんなでおいしいねと言って食べられる日を楽しみにしたい」と笑顔を見せた。

 家族で参加した添田莉緒さん(11)=金透小5年=は「苗を植えるところが楽しかった。おにぎりにして食べたい」と話した。コメは収穫後に「手越村のお米」として販売される予定。