住宅街近くにクマ出没、会津若松 福島県内...目撃情報相次ぐ

 

 20日午前6時半ごろ、会津若松市和田2丁目の山林で、付近の自宅の庭にいた男性がクマ1頭を目撃し、行政区長を通じて会津若松署に通報があった。同署によると、クマは体長約60センチで、山林の奥に立ち去ったという。近くには住宅街があり、同署が注意を呼びかけている。

 同日は、福島県内でほかにもクマの目撃が相次いだ。目撃場所次の通り。(かっこ内は時間と頭数)
 会津若松市大戸町芦牧字湯ノ平の国道118号(午後2時40分ごろ、1頭)▽猪苗代町翁沢字御殿山の国道49号東側の猪苗代湖畔で2件(午後0時15分ごろと同4時15分ごろ、それぞれ1頭)