塩田前石川町長ら再逮捕 官製談合疑い、こども園用地造成工事

 
塩田金次郎容疑者

 石川町の公共工事入札を巡る官製談合事件で、県警は21日午前、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで前石川町長の塩田金次郎容疑者(76)=同町形見字道橋=を再逮捕した。また、公契約関係競売入札妨害の疑いで同町の土木会社「志賀建設」元顧問の無職関根徳夫容疑者(69)=同町字境ノ内、元役員のコンサルタント業添田保雄容疑者(63)=平田村中倉字見上=を再逮捕した。

 塩田容疑者の再逮捕容疑は、2022年度に町が発注した認定こども園の用地造成工事の指名競争入札で、関根、添田の両容疑者に秘密事項の予定価格や入札に参加する会社名を漏らし、2人が勤務していた同社に工事を落札させた疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

3容疑者を起訴 一方、地検郡山支部は21日、町発注の道路工事の入札を巡り、官製談合防止法違反などの罪で塩田容疑者、公契約関係競売入札妨害の罪で関根、添田容疑者をそれぞれ起訴した。