【速報】福島県「金」18銘柄、全国2位 新酒鑑評会

 

 酒類総合研究所(広島県)は22日、2023酒造年度(23年7月~24年6月)の日本酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会の審査結果を発表した。本県は18銘柄で金賞を獲得した。都道府県別の金賞受賞銘柄数では2番目となり、2年ぶりの「日本一」はならなかった。最も多かったのは兵庫県の19銘柄だった。山形県が14銘柄で3番目、長野県が12銘柄で4番目。

 全国から828点の出品があり、予審と最終審査の決審を経て195点が金賞に選ばれた。県内の金賞受賞蔵元では記録の残る01酒造年度以降で、白井酒造店(会津美里町)が11回連続の金賞に輝いた。

 本県は、コロナ禍で最終審査が中止となった19酒造年度を挟み、9回連続(12~21酒造年度)で日本一を達成していた。昨年の金賞受賞銘柄数は14銘柄で、全国で5番目だった。

 日本酒王国、存在感示す

 日本一への返り咲きこそならなかったものの、昨年より金賞受賞銘柄数を伸ばし、「日本酒王国」の健在ぶりを示した。