西田敏行さんら歌唱 「采女ドンドコ」曲と踊り完成、MV披露

 
箭内夢菜さん(左)と成瀬さんが踊る「采女ドンドコ」のMVのワンシーン

 福島県郡山市のフロンティア大使でクリエイティブディレクターの箭内道彦さんがプロデュースする「郡山うねめまつり」の新たなエンディングテーマソング「采女(うねめ)ドンドコ」とその踊りが完成した。25日に同市で開かれたお披露目会ではミュージックビデオ(MV)で曲と踊りを初披露し、曲のラップ部分を「GRe4N BOYZ(グリーンボーイズ)」(旧GReeeeN)が担当したと発表した。

 曲は、郡山を守り繁栄へと導いた春姫を慕う「愛」をテーマにしており、采女伝説と今をつなぐ歌詞や、覚えやすく切ない旋律が特徴のアップテンポなラブソングだ。箭内さんが作詞作曲し、同市出身の俳優西田敏行さんや箭内夢菜さん、アイドル・声優の成瀬瑛美さんが歌った。

 演奏時間は約5分間。MVでは、うねめまつりをモチーフにした背景に、夢菜さんと成瀬さんが楽しげに踊る姿を表現した。踊りは振付師の八反田リコさんが考案した。

 お披露目会には箭内道彦さんや品川萬里市長らが出席した。箭内さんは「踊り手も見る人も自由に参加できるような曲をすてきな仲間たちと作った。覚えてもらっても、全然違う踊りをしてもらってもいい」と思いを語った。

 8月2、3の両日に開かれる今年の郡山うねめまつりでは「踊り流し」が終了した後、曲が約10分間流れる。踊り手と見物客が一緒に踊りを楽しめる曲に仕上がっており、MVと振り付け練習用の動画を動画配信サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで公開している。