郡山のひき逃げ事件、35歳男を逮捕 自転車の女性は重傷

 

 郡山市の市道交差点で25日発生した重傷ひき逃げ事件で、郡山署は26日午前0時45分、自動車運転処罰法違反(過失致傷)とひき逃げの疑いで須賀川市小倉字桐久保、団体職員の男(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は25日午前3時40分ごろ、郡山市方八町1丁目の市道交差点で軽乗用車を運転し、同市方八町、ベトナム国籍、技能実習生の女性(24)の自転車と衝突してけがを負わせ、そのまま逃走した疑い。同署によると、女性は左くるぶしの骨を折るなどの重傷を負った。