乗用車が横転、男性死亡 猪苗代・国道115号の緩やかなカーブ

 

 27日午前3時5分ごろ、猪苗代町若宮の国道115号で「車が横転している」と通行人から110番通報があった。猪苗代署によると、乗用車を運転していた郡山市昭和1丁目、会社役員の男性(62)が意識不明の状態で病院に搬送され、多発性外傷で死亡が確認された。

 現場は片側1車線の緩やかなカーブ。同署が原因を調べている。