夏服へ衣替え...肌寒く 福島東稜高、カーディガン羽織って登校も

 
衣替えの移行期間が始まった福島東稜高。夏服、冬服で登校する生徒が入り交じった=福島市

 福島市の福島東稜高は27日、夏服への衣替えを行った。初日は肌寒さを感じる朝となり、夏服の生徒はまばらだった。

 同校は6月3日からの衣替えを前に1週間、生徒がそれぞれ気候や体調に合わせて着る服を判断する移行期間を設けている。

 夏服にカーディガンを羽織って登校した佐藤かんなさん(1年)は「夏服は着心地が良いけど、今日は思ったより寒かった」と話した。

 同校の夏服は9月末まで。市内ではすでに福島成蹊高でも衣替えが始まっている。