100万円詐取疑いで女再逮捕 ロマンス詐欺、出し子役担う

 

 福島県二本松市の女性が交流サイト(SNS)を通じて現金をだまし取られた「ロマンス詐欺」事件で、二本松署は29日午後1時20分ごろ、詐欺の疑いで愛知県豊田市、フィリピン国籍の女(67)を再逮捕した。

 同署は女が現金を引き出す「出し子」などを担っていたとみている。女自身の口座に振り込ませた現金を「知らない人の口座に送金した」などと供述していることから、組織的な詐欺グループが関わっているとみて全容解明を進めている。

 再逮捕容疑は昨年12月9日ごろ~同28日の間に、仲間と共謀してSNSでウクライナ在住の日本人男性医師などになりすまし、女性に恋愛感情を抱かせるようなメッセージを送信。現金を貨物として女性に配送するための送料などの名目で昨年12月28日、女名義の口座に現金100万円を振り込ませた疑い。