いわき・メザワ材木店、破産手続き開始決定 負債4億3千万円

 

 信用調査会社の帝国データバンクいわき支店によると、メザワ材木店(いわき市)は、地裁いわき支部から破産手続き開始の決定を受けた。負債は約4億3千万円。決定は5月21日付。

 同社は1980年12月に設立。建築木材の卸売りや木造建築工事を手がけ、97年6月には売上高約1億7200万円を計上した。

 しかし、2018年から積極的な営業をしておらず、22年に前代表社員の死去で営業再開が困難となった。資金繰りのめどが立たなくなり、事業継続を断念した。