いわきの飲食店運営・光英、破産手続き開始 焼き肉や焼き鳥店

 

 信用調査会社の帝国データバンクいわき支店によると、飲食店運営業者の光英(いわき市)は地裁いわき支部から破産手続き開始決定を受けた。決定は5月16日付。負債は2023年6月期末時点で約2億800万円。

 同社は11年12月に設立。JRいわき駅周辺で焼き肉店や焼き鳥店の運営を行っていた。19年6月期には売上高約2億3100万円を計上していた。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響で徐々に売り上げが縮小し、23年6月期の売上高は約1億7700万円にとどまった。その後も業況は改善せず、資金繰りが逼迫(ひっぱく)したことから事業の継続を断念した。