遊泳中に流され、30歳男性が行方不明 いわきの海岸

 

 8日午後3時45分ごろ、福島県いわき市の新舞子海岸で水遊びをしていたグループから「服を着たまま泳いでいた友人がそのまま沖に流された」と福島海上保安部に通報があった。第2管区海上保安本部仙台航空基地のヘリが出動し、福島海保やいわき中央署が巡視艇などで捜索したが、同10時現在、発見されていない。

 福島海保によると、流されたのは同市の会社員男性(30)。同2時ごろに仲間4人(大人3人、子ども1人)と同海岸へ訪れ、同2時半ごろから友人1人と遊泳していた。男性は黒の長袖の上着に白のハーフパンツを着ていたという。同市消防本部は同7時に捜索を中断した。9日午前4時に再開する予定。