6月からオンライン委員会も 福島県議会、災害や感染症発生時

 

 県議会は11日の正副委員長会議で、やむを得ない事情がある場合の特例として開催するオンライン委員会の運営要綱素案を承認した。6月定例会から運用する見通し。

 素案によると、重大な感染症の流行や大規模災害の発生などにより参集が難しい委員は、委員会前日までにオンライン参加申請書を委員長に提出する。参加時は委員会室と同様の環境を確保し、無関係の映像や音声が入り込まないようにする。参加に伴う設備や通信などの経費は基本的に委員の負担とした。

 常任委員会と議会運営委員会、特別委員会を対象とする。28日に模擬訓練を実施し、運用を始める。