先達山メガソーラー「疑問解消に」 福島市HP、特設ページ開設

 
先達山を巡る経過をまとめた福島市の特設ページ

 福島市西部の先達山で建設が進む大規模太陽光発電施設(メガソーラー)を巡り、市民らから問い合わせが相次いでいることを受け、市は11日、ホームページ内に特設ページを開設した。事業計画や経過、関連情報を掲載し、市民らに現状を発信する狙いがある。

 建設を巡っては、先達山の山肌が広範に露出し、市民らから景観悪化や土砂災害、水害を懸念する声が上がっている。2日の大雨では先達山近くの同市在庭坂の県道に大量の泥水や農業用水に濁り水が流出した。

 特設ページでは現地の写真を交え、環境影響評価や土砂災害への市の対応などを説明。「完成後の景観はどうなるのか」「計画を中止させてほしい」といった多く寄せられている質問への回答を記した。

 市の担当者は「市民にこれまでの経緯などを知ってもらいたい。疑問の解消につながれば」と話した。