【6位】全国新酒鑑評会で県産酒が震災以降最多33点入賞

 

 酒類総合研究所(広島県)は2019酒造年度に製造された日本酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会の審査結果を発表し、福島県は東日本大震災以降最多となる33点が入賞した。新型コロナウイルスの感染拡大で最終審査が中止となり、金賞は選定されなかった。(5月23日)