【6位】県産酒33点入賞 技術磨き進化続く

 
県観光物産館で行われた入賞酒の飲み比べイベント。来年は金賞受賞数日本一の記録更新に期待がかかる=5月22日、福島市

 2019酒造年度(19年7月~20年6月)の日本酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会で、本県は東日本大震災以降最多となる33点が入賞し、日本酒王国の実力を示した。都道府県別では新潟の39点に次ぎ、長野と並んで2番目に多かった。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で最終審査の決審が中止となり、金賞は選定されなかった。本県は金賞受賞数で7年連続(12~18酒造年度)の日本一に輝いており、記録更新は次回に持ち越しとなった。

 県内の一部蔵元や酒米の精米工場が昨年10月の東日本台風(台風19号)で被災した。さらに新型コロナの影響で宴会の自粛ムードが広がり、日本酒の出荷量が激減した。それでも、本県の蔵元は逆境をはねのけ、県民に希望をもたらした。

 日本酒の品質を左右する酒米の特徴は毎年異なり、仕込み作業は一筋縄ではいかない。各蔵元は県ハイテクプラザ会津若松技術支援センターの指導を受け、技術力を日々磨いている。

 今年は「芳醇(ほうじゅん)・淡麗・旨口(うまくち)」といわれる県産酒を追求した新たな本県のオリジナル酒造好適米「福乃香(ふくのか)」を使った日本酒の販売も本格的に始まった。福島の酒は進化を続けている。