フクラムカード加入で学生の活動支援 二本松のマルハラ果樹園

 
フクラム法人カードに加入した武藤社長(左)。右は大沼委員

 二本松市のマルハラ果樹園(武藤善幸社長)は3月28日、県内の学生たちの活動を支援できるクレジットカード「Fukurum(フクラム)法人カード」に加入した。

 同カードへの加入は県内果樹生産事業者では2例目。カードは、県と県観光物産交流協会、日専連ライフサービスで構成するフクラムカード推進協議会が発行。カード利用代金の一部を基金に積み立て、復興や県産品の風評払拭に向けた商品開発などに取り組む高校生以上の学生らを支援する。

 武藤社長が同日、同果樹園を訪れた協議会の大沼直哉委員に加入を申し込んだ。武藤社長は「学生たちを応援する事業に参加できてうれしい。二本松市の高校生の活動にも期待している」と話した。