同窓会県支部が発足 東京国際大、初代支部長に青田由広さん

 

 東京国際大の同窓会「霞会」が本県支部を発足させた。16日、相馬市の音屋ホールで設立総会を開き、初代支部長に青田由広さん(相馬市・セイユー建設社長)が就任した。副支部長には中川英伸さん(南相馬市)が就いた。

 会員数はホームページによると、6万4673人で、本県関係者は750人。首都圏のほか、道府県ごとの単位で支部を組織しており、海外にも2支部がある。本県支部は31番目の設立になるという。

 総会では青田さんが「活動を通じて、仲間づくりをして、母校を応援していこう」と呼びかけた=写真。同会の下羽初枝副会長、全国支部連合会の西嶋昭裕副代表があいさつした。