新キッチンカーで営業、本宮の舟木さん「浜通り盛り上げたい」

 
キッチンカーで「浜通り復興の役に立ちたい」と話す舟木さん(右)と美由希さん

 メロンパンやポテトフライなどを移動販売する「フードトラック カイト」を経営する舟木弘さん(41)=本宮市=は今月、新しいキッチンカーでの営業を始めた。震災当時に浪江町で働いていた経験から、「浜通りにも積極的に出向いて地域を盛り上げることで、少しでも復興に貢献することができれば」と意欲を見せる。

 南会津町出身の舟木さんは、震災発生時に浪江町のスーパーで働いていた。自宅は無事だったが、職場の同僚の家が津波で流されるなど身近でも大きな被害があり、心を痛めたという。震災後は実家に戻っていたが、2019年にメロンパンの専門店を郡山市にオープンさせた。

 翌20年からは営業方式を移動販売に変更し、中通りを中心に営業活動を行っていたところ、徐々に浜通りで開かれる催しにも出店する機会が増えていった。これまで富岡町やいわき市で開かれた復興イベントなどに出店し、妻の美由希さん(35)と一緒にパンなどを販売して来場者に喜ばれた。

 今後は相馬野馬追などにも出店する予定で、舟木さんは「お世話になった相双地域に恩返しをする時だと思う。住民に笑顔になってもらえる商品を届けたい」と新しくなったばかりのキッチンカーで訪れるのを心待ちにしている。