赤坂さん、仮想空間で文化発信 「奥会津ミュージアム」誕生へ

 

 民俗学者で前県立博物館館長の赤坂憲雄氏(68)が提唱した「奥会津ミュージアム」が誕生する。奥会津の美しい暮らしの場とバーチャル(仮想)空間とをつなぎながら新しい形での多彩な文化発信を目指す。会津地域で文化活動する仲間たちが集っており、赤坂氏が館長を務めてネットワークの輪を広げていく。

 奥会津は豊かな自然や景観、生活に根差した伝統工芸や年中行事、民話や伝承が数多く残され独特の文化圏をなす。また、文化の継承や発信に関心のある人が帰郷または移住し、高齢化や過疎化の中で地元の人たちと挑戦を繰り広げている。