名前を付けてください 福島県のイチゴ新品種、5月末まで募集

 
新たに開発したイチゴのオリジナル品種「福島ST14号」

 県は29日から、新たに開発したイチゴのオリジナル品種「福島ST14号」の名称を募集する。5月31日までに寄せられた中から1点を選び、今冬にデビューする新品種の商品名として採用する。

 新品種は甘みと香りが強く、大粒の果実が多いのが特徴。12月からの収穫が可能で、クリスマスや年末年始の需要に対応できる。「とちおとめ」と「かおり野」を交配し、約10年かけて育成した。県では「ふくはる香」と「ふくあや香」以来、約20年ぶりの新品種となる。

 県農業振興課ホームページから応募できる。結果発表は秋ごろを予定。採用された人には10万円とイチゴ新品種、最終選考に残った応募者から抽選で5人に、1万円相当の県産品とイチゴ新品種を贈る。

 問い合わせは同課(電話024・521・7336)へ。