会津若松の魅力 SNSで発信、学生PR部4期生 活動スタート

 
室井市長に活動の抱負を語った「さーちゃん」(中央)ら4期生

 会津若松市の大学生、専門学校生らが市の魅力を発信する学生PR部「AiZ'S(アイヅ)モーション」の4期生5人が今月、活動を始めた。5人は写真共有アプリ「インスタグラム」などのSNS(交流サイト)を使い、市の美しい風景、イベントの様子などを広く発信する。

 4期生はいずれも女性で、それぞれ「さーちゃん」「だぁ」「いずみ」「さーや」「なっちゃん」の愛称で来年3月まで活動する。

 部長のさーちゃんらが25日、市役所を訪れ、室井照平市長に「(会津の)良いところを探し、SNSで伝えていきたい」と抱負を語った。

 室井市長は「既存のものにこだわらず、若い皆さんの目線で新たな良さを伝えてほしい」と期待を込めた。