林部智史さんと中テレ郡山少年少女合唱団 新曲ビデオ待望の共演

 
感情豊かに歌を歌う林部さん(中央)と合唱団員ら

 歌手の林部智史さんは7日、郡山市を訪れ、福島中央テレビ郡山少年少女合唱団のメンバーらと新曲「いずこ~ふたたび歌を空に翔ばそう」の合唱団バージョンなどのミュージックビデオを撮影した。収録した映像は今月下旬ごろから福島中央テレビのユーチューブで配信する。

 林部さんは当初、今年2月に同市でコンサートを開催する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で今月に延期された。しかし3月に発生した本県沖を震源とする地震で会場が使用できなくなったため、再延期を余儀なくされた。コンサートでは同合唱団と共演する予定だったため、一緒に歌う姿を映像に残そうと、ミュージックビデオの制作を企画した。

 撮影はミューカルがくと館で行われた。同合唱団の12人が林部さんと共に「いずこ」を叙情豊かに歌い上げた。また、林部さんが団員から聞いた夢や希望を歌に仕上げた「幸せの証」も一緒に歌った。

 撮影前には開成山公園で、林部さんの歌と団員の夢を書いたメッセージカードが映像で見られるQRコードを印刷した紙を風船の糸にくくり付けて空に飛ばした。

 林部さんは「子どもたちの純粋さや素直さが伝わり、自分自身が浄化されるような思いがした」と、この日の収録を振り返った。また、再延期されていたコンサートが8月13日に開催が決まったことを報告し、「コロナ禍で大変な時代だが、そんな今しか歌えない歌もあると思う。県民の皆さんと楽しい時間を過ごしたい」と話した。