5月11日から福島県産野菜のバイキング 飯坂、摺上亭大鳥の朝食

 
出席者に料理の特徴を説明する赤井総料理長(右)

 福島市・飯坂温泉の摺上亭大鳥は11日、県産を中心に20種類以上の野菜を取りそろえた野菜バイキング「おおとり農園」を始める。宿泊客が朝食で利用できる。

 JAグループの宿として、県産野菜の魅力を発信する狙い。キャッチフレーズは「からだにご褒美」。県産アスパラガスやミニトマト、ニンジンなど旬の野菜をそろえ、蒸し野菜や4種のカレーなど調理法に工夫を凝らしたメニューもある。茶がゆなども提供する。サラダのドレッシングはJAグループ産を中心に20種類以上ある。

 野菜を最初に食べて血糖値の急激な上昇を抑える食事法「ベジ・ファースト」の推進にもつなげる。

 10日、オープニングセレモニーを行った。菅野孝志JA福島五連会長は「日常とは一味違う朝食を楽しんでほしい。選ばれ続ける宿を目指す」と意気込みを語った。水口浩二社長が概要を説明、赤井圭三総料理長が料理について説明した。