ふたば未来学園 「学生カフェ」本格始動、住民と生徒の交流拠点

 
生徒(右)にコーヒーを手渡す社会起業部カフェチームの部員

 広野町の中高一貫校ふたば未来学園の校舎内に設けられている学生カフェ「cafeふう」が9日、本年度の営業を本格始動させた。地域住民らとの交流を深める拠点として、町の活性化につなげていく。

 カフェは2019年6月、地域住民らが自由に出入りできる「地域協働スペース」の一角にオープン。その後、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、営業自粛や再開を繰り返している。

 本年度の営業は、大型連休が明けたことで本格的に開始。9日は生徒や近隣住民らが訪れ、にぎわいを見せていた。

 カフェを運営する社会起業部カフェチームの和賀菜々香さん(17)は「コロナ禍は続いているが、少しでも癒やしの空間を提供できればうれしい」と話した。

 営業時間は月、水、金曜日の午前11時~午後5時30分。