郡山・アサカ理研の新社屋完成 バリアフリー、太陽光発電導入

 
完成したアサカ理研の新社屋

 アサカ理研は12日、郡山市田村町の同社で、完成した新社屋の落成式を行った。

 新社屋は同社の駐車場だった場所に建設した。鉄骨2階建てで延べ床面積は約860平方メートル。バリアフリー対応で、太陽光発電設備を導入したほか、ウェブ会議設備も拡充させた。旧本社社屋も第2本社として改装し、活用する。

 式には関係者ら約30人が出席。神事が行われた後、油木田祐策社長が「有価金属の回収再生を行う既存事業と、新たに立ち上げるリチウムイオンバッテリー再生事業のコントロールタワーとして活用していく」とあいさつした。