武道館や商業ビルを...街なか再開発構想 会津若松商議所が提言

 
室井市長(中央)へ提言内容を説明する渋川会頭(左から2人目)ら

 会津若松商工会議所は11日、会津若松市の室井照平市長へ街なか再開発構想を提言した。同商議所が行った市民アンケート結果に基づき、県立会津総合病院跡地など5カ所について、武道館整備や商業ビル整備などのまちづくりを求めた。

 同商議所は昨年7月、市の将来ビジョンを描く一歩として市民アンケートを実施。結果を受けて、商店街関係者や若者らで構成する街なか再開発構想検討委員会を作り「民間ならではの発想」の意見を取りまとめた。

 提言は「神明通り周辺エリア」「会津若松駅前周辺・会津サティ跡地」「県立会津総合病院跡地」「会津学鳳高跡地」「旧会津陸上競技場」について。神明通り周辺については、小規模専門店誘致の他、民間活力を活用した借り上げ・買い取り公営住宅の整備などを示した。

 駅前周辺については、「市の玄関口として会津若松らしさを感じさせる空間形成が必要」と指摘、市民や観光客をもてなす商業ビルの整備、立体駐車場の整備などを求めた。県立病院跡地については、市の跡地利活用素案にのっとった内容としつつ、武道や球技を中心にコンサート開催や展示会場にも活用できる武道館(多目的体育館)を主たる施設とすることを提案した。

 鶴ケ城公園に隣接する会津学鳳高跡地は、市の構想に添って駐車場とすることに賛同。鶴ケ城は、史跡である側面から西出丸駐車場などを史跡外に移転するよう、文化庁から指摘されているという。提言では、駐車スペースのほか、高速バスの発着場や観光案内所の機能を検討するよう求めた。

 旧会津陸上競技場は、現状のイベント利用、臨時駐車場としての使用法が支持されているとした。ただ、「長期的には、武家文化にふさわしい観光施設の整備が外国人観光客誘致にも効果的」と付け加えた。

 同商議所の渋川恵男会頭、渡部啓二専務理事らが市役所を訪れ、室井市長に提言書を提出し、提言内容を説明した。室井市長は「提言をどのように生かしていくか検討したい。引き続きいろいろと情報交換をしていきたい」と応じた。

 渋川会頭らは清川雅史市議会議長にも提言書を提出した。