矢吹で「こども食堂」活動開始 地域の力に...認定こども園2施設

 
認定こども園「野のはな」で行われた1回目のこども食堂

 学校法人聖和学園(岡村宣理事長)が矢吹町で運営する認定こども園「野のはな」で10日、初めての「こども食堂」が行われた。スタッフが心を込めて作ったカレーライスが無料提供された。24日には同町にある同学園の認定こども園「ポプラの木」でも行われる。

 初日は事前登録していた約30人が野のはなを訪れ、カレーライスを笑顔で受け取った。家庭で会話が弾むようにと、メニューカードも一緒に配られた。子育て支援を担当する野のはなの潮地りかさんとポプラの木の小林希さんは「こども食堂を通して地域の力になりたい」と話している。

 こども食堂は各園で月1回開催する。野のはなが毎月第2火曜日、ポプラの木が毎月第4火曜日。各回限定30食、テイクアウトのみとする。時間は午後5時~同6時。利用するには事前登録が必要。

 申し込み、開催日などの問い合わせは野のはな(電話0248・42・4938)、ポプラの木(電話0248・42・3727)へ。