仲原夫妻「自由に楽しく」 いわきの実家で念願のギャラリー運営

 
「気軽に立ち寄ってほしい」と話す正治さん(左)と常子さん

 いわき市と横浜市で2拠点生活をしている仲原正治さん(72)と常子さん(72)夫妻は、いわき市小川町にある常子さんの実家を活用し、「ギャラリー手ノ倉」をオープンした。2人は「テーマは『自由に楽しく』。気軽に立ち寄ってほしい」と話している。

 4月にオープン。30人以上の作家による障害者アートや陶磁器が並んでいるほか、常子さんの趣味である茶道の体験コーナーも設けた。ギャラリーのある同市小川町が詩人草野心平の故郷であることにちなみ、草野の作品に登場するカエルをモチーフとした布作品「心平カエル」も販売している。

 2人は大学を卒業後、横浜市の職員として定年まで勤めた。退職後は同市で約10年にわたり、芸術を通したまちづくりに尽力。地域に作家を呼び込もうと、同市にギャラリーを構えていた。

 「ゆっくりとギャラリーを運営したい」という思いから、いわき市への移転を決意。改装した常子さんの実家の物置に作品を移し、新たに営業を始めた。正治さんは「思い入れのある作品がそろっている。2拠点生活をしているため限られた時間しか営業できないが、ゆっくりと作品を楽しんでもらえればうれしい」と思いを語った。

 営業は毎月5日間程度

 ギャラリーの営業は不定期で、毎月5日間程度。6月の営業は4、5、25、26日。年末年始やお盆、暮れなど、季節の行事に合わせて追加の営業も行う予定。時間は午前10時~午後4時。問い合わせは正治さん(電話090・4928・6805)へ。

220516news701-1.jpg