仁井田本家に東北農政局長賞、自然米栽培や循環型農業の実践評価

 
賞状を手にする仁井田社長(中央左)と大波所長(同右)。左は仁井田女将、右は吉田係長

 農林水産省の「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」で有機農業・環境保全型農業部門(個別経営の部)で東北農政局長賞に輝いた仁井田本家・仁井田本家あぐりへの賞状授与式は17日、郡山市田村町の同社で行われた。

 日本酒の蔵元である同社は、自社田で農薬や化学肥料を使用しない自然米を栽培しているほか、化石燃料をできる限り使用しないなど循環型農業を実践している。消費者への環境保全型農業の情報発信なども評価された。

 授与式では、県中農林事務所の大波恒昭所長が仁井田穏彦社長に賞状を手渡した。仁井田真樹女将(おかみ)、吉田和生酒米耕作係長が同席した。仁井田社長は「取り組みの中で、意識の高い有機農家の方々が作る質の高いコメに出合えた」と感謝。吉田係長は「田んぼを守るという意識で取り組んだ。受賞を励みにさらに精進したい」と述べた。