なりすまし被害防止...電話解析サービスを紹介 顧客に須賀川信金

 

 須賀川信用金庫は6月1日から「なりすまし詐欺」の被害防止に向け、NTT東日本の詐欺対策サービスを顧客に紹介する取り組みを始める。

 同サービスでは、固定電話に専用のアダプターを設置して通話内容の録音や解析を行う。詐欺が疑われる通話と判定された場合は、あらかじめ登録している本人や親族らの携帯電話に注意喚起の連絡が入る。

 同信金は、各店舗の窓口や訪問先の顧客らに同サービスの紹介や案内を行う。同信金の担当者は「紹介を通じて、詐欺被害を減らしていきたい」としている。