「ウルトラマンの日」に「シン」特別上映 須賀川、トークショーも

 
特別上映会で上映される映画「シン・ウルトラマン」(c)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会(c)円谷プロ

 須賀川市は7月10日午後2時から、市文化センターで映画「シン・ウルトラマン」の特別上映会を開く。作品上映のほか、主演を務めた俳優斎藤工(たくみ)さんと樋口真嗣(しんじ)監督を招いたスペシャルトークを行う。チケットは、6月6日から市民限定の先行受け付けを行い、同24日から一般販売する。

 橋本克也市長が30日の記者会見で発表した。映画の題材となった特撮作品「ウルトラマン」を生んだ同市出身の円谷英二監督の功績を顕彰しようと円谷プロと協力して企画。ウルトラマンがテレビに初登場した7月10日の「ウルトラマンの日」に合わせて開く。

 斎藤さんが映画と上映会を告知する動画も30日公開された。斎藤さんは「ウルトラマンの生みの親、円谷英二さんの出身地の皆さんに、本作の興奮と感動を味わっていただきたい」と呼びかけた。動画は市ホームページから閲覧できる。

 須賀川市民限定の先行申し込みは6月6~19日、市ホームページで250席分を受け付ける(1組4人まで)。応募多数の場合は抽選となる。一般販売は同24日~7月9日、チケットぴあで700席分を取り扱う。

 チケットは先行分、一般販売分ともに大人1800円、大学・高校生1500円、2歳~中学生1000円、60歳以上1100円、障害者1000円。問い合わせは市文化振興課(電話0248・88・9172)へ。