食品ロス削減へ、夕方以降の青果購入に特典 郡山「愛情館」

 

 全農県本部は6月4日、郡山市の農産物直売所「愛情館」で食品ロス削減の取り組みを始める。NTTドコモの「ecobuy(エコバイ)」サービスを東北で初めて導入し、夕方以降に野菜や果物を買った人が特典を得られるようにする。

 愛情館では野菜や果物などに売れ残りが出た場合、多くが食品ロスとなり、食べられるのに廃棄されている。

 新サービスの導入により午後4時以降に店頭に並ぶ青果物を買い、レシートをアプリで撮影するとエコバイポイントがたまり、提携先の「dポイント」など、さまざまな特典と交換することができる。

 4、5の両日はサービス導入支援説明会を開き、スタッフが店頭でアプリのダウンロードなどの手順を紹介する。期間中は購入時間にかかわらず、全てのレシートでポイントがたまる。