「民友旗」完成、川俣町消防団に贈呈 4日、3年ぶり県消防大会

 
川俣町消防団に贈られる民友旗

 福島民友新聞社が県内最優秀消防団の川俣町消防団に贈る「民友旗」が完成した。4日に須賀川市文化センターで開かれる第75回県消防大会で贈呈される。

 民友旗は縦0・7メートル、横1メートル。朱色の西陣綾錦(あやにしき)の生地に金糸で「第七十五回福島県消防大会 優良消防団」と刺しゅうされ、旗ざおの先端には金色の竿頭(かんとう)が輝いている。県内消防団最高の栄誉とされる民友旗表彰は、1956(昭和31)年から行われている。

 大会は新型コロナウイルス感染症の影響で昨年まで2年連続で中止となっており、開催は3年ぶり。