「いわき限定街ブラ」再び 「サクマ&ピース」第2弾6月5日開始

 
シーズン2も前回同様勿来駅前からスタートする。(右から)佐久間さん、平子さん

 あの二人が再び地元いわきに見参! 共にいわき市出身の、テレビプロデューサー佐久間宣行さんとお笑い芸人の平子祐希さん(アルコ&ピース)が、古里を巡るバラエティー番組「サクマ&ピース」。福島中央テレビ(中テレ)が制作し、昨年10月に同局で第1弾が放送された。さらに、ローカル色豊かな内容にもかかわらず、各地の地上波や配信サイトなど全国で視聴された。そんな「いわき限定街ブラ番組」の、待望のシーズン2が、きょうから中テレでスタートする。市内で収録を終えた二人に話を聞いた。(渡部俊也、佐藤香)

 ―第2弾決定の感想は。
 佐久間さん「うれしい。最初に聞いたときは冗談みたいな企画で、撮ってみると楽しかった。それが全国22カ所で放送されて結果的に第2弾になって、こんな驚きはない。毎回始発で呼びつけられて4本撮り。今回は13カ所、120キロ移動して8食食べた。そんなこと、おじさんにさせます?」

 ―周囲からの反響は。
 平子さん「おじさん2人が地元をただ歩いているだけなのに、普段もっと準備して力を入れて臨む収録よりも反響があった」(一同爆笑)

 佐久間さん「地元の人たちが喜んでくれた。30年近く東京で暮らして、いわきにいた18年間を超えているけれど、地元に恩返しができてうれしい」

 ―第2弾の収録を終えた手応えは。
 平子さん「まだ知らない場所や食べ物が、こんなにあるんだなと思った」

 佐久間さん「いわきでは有名だけど、これまであまり食べてこなかったものや、子どものころ食べていたものが登場して懐かしい気持ちになった」

 平子さん「番組のヘビーなファンは、いわきに来て(番組に登場した店を巡る)聖地巡礼をしてほしい。『あいつらあの年で本当にこんだけのもの食ってたんだ』と体感してほしい」

 ―番組を通して見えたいわきの魅力は。
 平子さん「引っ込み思案な市民性という印象を持っていたが、ちゃんと"変態"っているんだと思った」

 佐久間さん「ちょっと心を許すと面白い人が多い。あとは、魚介やスイーツなど、いわきはやっぱりおいしいものが多い」

 ―最後に第2弾を総括して一言。
 佐久間さん「すごく良いプロデュースができたかも。シュールな笑いもあるけれど、ロケをした店全部にちゃんと真面目に悩み相談とプロデュースをしたので、役に立てるかもしれない。いわきの有名店が登場するので、いわきのおいしいお店を知ってもらえると思う」

          ◇

 全4回、放送後は配信も 福島中央テレビ(中テレ)で5日から毎週日曜午後0:45~同1:15、全4回放送。各回とも放送終了直後から民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」で配信予定。シーズン1はHulu(フールー)、アマゾンプライム、U―NEXTで配信中。