「パソコン甲子園」参加募る 会津大で11月、20周年記念大会

 

 全国の高校生や高専生がパソコンのプログラミング能力などを競う「パソコン甲子園2022」は11月5、6の両日、会津若松市の会津大で開かれる=写真。主催する会津大と県、全国高校パソコンコンクール実行委員会は参加者を募集している。

 大会は今年で20周年を迎える。競技は、制限時間内に難易度の異なる問題の解答プログラムを作成する「プログラミング」、温故知新をテーマにスマートフォンのアプリを企画、開発する「モバイル」、同テーマのコンピューターグラフィックスを制作する「いちまいの絵CG」の3部門で行われる。

 募集期間はプログラミングが7月1日~8月5日。募集を開始しているモバイルは7月1日まで、いちまいの絵CGは9月2日まで。詳細はパソコン甲子園のホームページに掲載されている。