「富岡・いわき・北茨城―東京」高速バス、7月11日運賃値上げ

 

 新常磐交通(いわき市)は9日、JRバス関東(東京)、東武バスセントラル(同)と共同運行する高速バス「富岡・いわき・北茨城―東京」線の運賃を7月11日から改定すると発表した。原油高や新型コロナウイルス感染拡大に伴う利用者減に伴い、値上げを実施する。

 同社によると、同路線の2021年度の利用者は19年度比で7割減。原油高に加え、コロナ下でのリモートワークや在宅勤務など新たな働き方への移行が要因という。路線維持が厳しい状況となっていることから改定を決めた。

 運賃は、片道で250~300円の値上げ、往復運賃と地下鉄乗車券セットの「いわき号&サブウェイパス」が500~600円の値上げとなる。問い合わせは新常磐交通いわき中央営業所(電話0246・46・0200)へ。