飯舘産食材で自慢の料理 村内に「田舎レストラン」本オープン

 
多くの来店者でにぎわうレストラン

 飯舘村二枚橋地区の洋食店「田舎レストラン La Kasse(ラ カッセ)」が10日、本オープンし、初日から村内外の多くの来店者でにぎわった。

 レストランは県道原町川俣線を見下ろす緑に囲まれた高台にある。村出身の佐藤雄紀さん(31)=福島市在住=が家族や知人と切り盛りし、村産食材を使った自慢の料理を提供している。

 メニューは「チキンステーキ サルサソース」(1100円)や「飯舘産牛を使ったハンバーグ 和風ソース」(1500円)、「季節の野菜のパスタ」(千円)などを用意している。全てのメニューにサラダやスープ、ドリンク、デザートが付く。

 佐藤さんは「多くの人に足を運んでもらい、料理とお店からの景色の両方を堪能してほしい」と来店を呼びかけている。

 住所は飯舘村二枚橋字本町193の3。営業時間は午前10時30分~午後7時。定休日は日曜日の午後と月曜日。問い合わせは同店(電話0244・42・1228)へ。