脂の乗りも上々...カツオ初水揚げ、いわき・中之作漁港に活気

 
中之作漁港で初水揚げされたカツオ

 いわき市の中之作漁港で12日、カツオが今年初めて水揚げされた。漁港は新鮮な初ガツオ4トンを仕分ける漁業従事者の活気であふれた。

 カツオは11日に千葉県沖で漁獲され、「第33清勝丸」(386トン)が水揚げした。カツオを仲卸した「とじるし海宝水産」によると、この日の初ガツオは3~4キロが中心で、例年に比べて脂の乗りが良いという。

 カツオが次々とベルトコンベヤーにのせられると、漁業従事者はカツオを重さごとに手早く仕分けて、箱詰めした。