東北新幹線40周年「記念入場券」発売へ 開業日の6月23日から

 
記念入場券のE200系台紙イメージ(JR東日本仙台支社提供)

 JR東日本仙台支社は15日、東北新幹線開業40周年を記念したイベントの概要を発表した。20日から記念の駅弁を売り出し、開業日の23日からは記念入場券をネット発売する。

 東北新幹線(大宮―盛岡間)は23日に開業40周年を迎える。25日は開業当時に運行していた「あおば」を再現した臨時列車を仙台―上野間で運行するのに合わせ、仙台駅で記念セレモニーを実施。県内では、あおばが停車する福島、郡山、新白河各駅で見送りが行われる。

 記念入場券は「200系」「E5系」「E2系」の3種類あり、各2000セット限定で販売する。このうち、E5系セットは新白河―仙台間の5駅の入場券とE5系をイメージした専用台紙、記念DVDがセットになっている。JR東日本グループのネット販売サイト「JRE MALL」内のショップで取り扱う。

 イベントの詳細はJR東のホームページから確認できる。