商売のやりがい実感、商品仕入れから販売...店頭実習、修明高生

 
買い物客との交流を楽しむ修明高生

 修明高の販売実習「修明笑店」は15日、棚倉町のヨークベニマル棚倉店で行われ、店頭に生徒自慢の逸品が並んだ。

 同校情報ビジネス科エリアマネジメントコースの生徒が商品の仕入れから広報、販売、会計処理まで一連の流れを体験する恒例の実習。3年生13人が、接客や販売の現場を体験した。

 会場には、東日本の各地域の特産品や、生徒が生産した花やニンニク、タマネギといった野菜などが並んだ。当日は、行列ができるほど人気を集め、買い物客が生徒たちとの会話を楽しんだ。

 店長を務めた木之内稜仁さん(3年)は「自分たちが仕入れた商品を手に取ってもらえてやりがいを感じた」と実習の感想を述べた。