相次ぐ自転車盗難 本宮駅前、「鍵のかけ忘れ」に注意呼び掛け

 
本宮駅前で高校生に施錠の徹底や二重ロックなどを呼びかける署員

 本宮市のJR本宮駅前の駐輪場で自転車盗が相次いでいる。盗まれた自転車のほとんどは無施錠で、駅西口側の駐輪場が狙われている。郡山北署本宮分庁舎の上田公彦生活安全第3係長は「鍵のかけ忘れに注意してもらいたい。鍵を二つ以上かけることが防犯対策になる」と注意を呼びかけている。

 同分庁舎によると、本宮駅前の駐輪場では昨年、自転車の盗難被害の届け出はなかった。しかし、今年は5月に3件、今月もすでに3件の被害が発生しているという。西口側は広場などの整備に伴い、駐輪場も整備中で、現在は仮の駐輪場となっている。

 同分庁舎は16日、通学時間帯に合わせて駐輪場で、高校生らに施錠の徹底や二重ロックなどを呼びかけた。同分庁舎は駐輪場でのパトロールを強化し、盗難被害の防止に目を光らせていくという。