「沼津の杜公園」看板披露 広野、地域交流願い町と静岡の高校

 
公園の看板をお披露目する遠藤町長(左)ら

 広野町と桐陽高(静岡県沼津市)は16日、JR広野駅東側開発地区の広場内にある「沼津の杜公園」で、看板のお披露目を行った。関係者は地域住民の交流の場として発展を願った。

 桐陽高は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災者を元気づけようと復興支援に当たってきた。2015(平成27)~16年には、町民が避難する仮設住宅に足を運び、文化祭の売り上げで購入した干物を支援物資として届けた。

 その後も定期的に町を訪れ、老人クラブの会員と交流を深めてきた。

 交流の証しを残そうと、17年に広場とその周辺に日本で一番開花が早いといわれる河津桜を150本植え、周辺エリアを「沼津の杜公園」と名付けた。姉妹校の飛龍高(同市)の生徒も植樹に訪れた。

 この日は桐陽高の2年生95人が現地を訪れた。遠藤智町長は「きれいな花を咲かせるのを楽しみに、町民の憩いの場として発展してほしい」とあいさつ。学校を運営する沼津学園の坂根英夫企画広報室長は「夢のある公園として、広野町の復興に貢献していきたい」と話した。

 遠藤町長と坂根室長、生徒代表の栗田侑和さん(16)と川手美憂さん(16)が看板をお披露目した。